この冬、いなくなる君へ

いぬじゅん

この冬、いなくなる君へ

4

この冬、いなくなる君へ(いぬじゅんさんより)

試し読みいただいた『この冬、いなくなる君へ』はいかがでしたでしょうか。ぜひ"冬キミ"を書店さんで探してみてくださいね。

最後に、著者・いぬじゅんさんからのメッセージをご紹介いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「この冬、いなくなるきみへ」は、速筆の私にしては珍しく、一年以上の時間をかけて作り上げた作品です。
二十代の主人公、菜摘の運命の六年間を不思議な青年、篤生との関係を軸に描きました。仕事や恋愛、家族との間に起こる変化のなか成長していく主人公をあたたかく見守ってくだされば幸いです。
ラストのどんでん返しにもご期待ください。

いぬじゅん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

書籍は2月5日発売になります。続きが気になる方は、ぜひお買い求めくださいね。

https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/8111269.html

Profile

いぬじゅん

奈良県出身。2014年、「いつか、眠りにつく日」(スターツ出版)で毎日新聞社&スターツ共催の第8回日本ケータイ小説大賞を受賞し、デビュー。「奈良まちはじまり朝ごはん」シリーズ(スターツ出版)、「新卒ですが、介護の相談うけたまわります」(一迅社)などヒット作を数多く手掛ける。

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ
ポプラ社一般書通信 note

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ