週刊文芸

文芸編集部

週刊文芸

2

ハイボールにかつお節(もり)

編集部のスコッチ森です。

文芸チームの三大酒飲みといえば、ハイボール吉川と、テキーラ藤田、そしてスコッチ森。
しかしテキーラ藤田が営業に異動になってしまい、さびしい日々を過ごしておりました。
そんななかで期待の新人・鈴木さん。なんと超・お酒好きとのこと。
しかも吉川さんと同じくハイボール派なので、ウイスキー部が結成できると楽しみにしています。

ハイボールといえば、かつお節が合うんですよ。

先日行ったTOKYO bar showというお酒の祭典で、新しいハイボールの飲み方を教えてもらいました。
それはグラスの縁に色んな粉をつけてハイボールを飲むと、超おいしい、ということ。

DSC_16982.jpg

方法は簡単。
空のグラスの縁をレモンで拭い、
そこに色んな粉をつけてからハイボールを注ぎ、ソルティ・ドッグみたいにして飲む。

これがまあ、おいしいんですな。
つける粉はいろいろ。塩にペッパー、コーヒーにシナモン、そしてかつお節(粉状のもの)......。

なかでもかつお節は、出汁の香りとハイボールが奇跡のマッチングをして最高です。
おまえはどこの酒造メーカーの回しもんだ、と思われてるでしょうが、ほんとに神々の飲み物になります。
ご自宅で飲まれる際に、ぜひ試してみてください。
ちなみにシナモンもオススメですよ。

Profile

文芸編集部

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ
ポプラ社一般書通信 note

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ