週刊文芸

文芸編集部

週刊文芸

8

ディズニーランド(S)

こんにちは。文芸のSです。
梅雨に入りどんよりした気候が続き、一段と眠気に襲われる日々です。
最近は、子供の寝かしつけの際、私が先に寝てしまうせいで、夫が帰ってくると、真っ暗なリビングから子供のささやき声が聞こえてくるそうです。怖いですね!!

さて、子供が先日3歳になりまして、ディズニーランドに行ってきました。
1歳で行った時は、キャラクターを遠くから眺める分には楽しそうにしていたのですが、キャラクターが目の前に来るとギャン泣き。
 でも、今回はキャラクターとも笑顔でグリーティングをして、乗り物にもたくさん乗って、満喫してました。
乳幼児はなかなかディズニーランドを楽しめないのではと思いきや「一人座りができる」のであれば、乗れるアトラクションも多かったですし、アトラクション以外も遊べる場所が豊富にあるのでお薦めです。雰囲気だけでも楽しいですしね。

 うちからもいくつかディズニー関係の本が出てます。

https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/2900342.html

dhiz1.jpg

https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/2900377.html

dhiz2.jpg

https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/2900376.html

dhiz3.jpg


もう少し大きくなったら、買って一緒に読もうと思います。


ちなみに今回ディズニーランドに行って感じたのは、プリンセスの格好をした女の子(年中から小学生低学年ぐらいかな)が多いということ。しかも、かなり凝った衣装を着ているんです。どこで買ったんだろうと調べてみたら、こんなところがありました。

https://www.tokyodisneyresort.jp/happy/bbb/

ちょっと金額が卒倒ものなので、娘がプリンセスに目覚めないことを願います。


人から聞いたのですが、これだけ混んでいるディズニーランドも、一時期若者の来場者が減ったそう。その時の施策として、ダンスレッスンやテーブルマナーなど「プリンセスになるためのレッスン」イベントが大人気だったと聞きました。これもその施策の一環なのでしょうか。

 小さいころ好きだったものを大人まで楽しめるようにする工夫は、出版界でも大事な試みだと思うので、調査にかこつけて、またディズニーランドに行きたいと思います(←私が行きたいだけ)。

Profile

文芸編集部

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ
ポプラ社一般書通信 note

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ