湘南ご当地小説と話題!『江の島ねこもり食堂』の名取佐和子さんとぶらり江の島の旅

湘南ご当地小説と話題!『江の島ねこもり食堂』の名取佐和子さんとぶらり江の島の旅

1

江の島レポート その1

湘南ご当地小説として話題の『江の島ねこもり食堂』(名取佐和子・著)。「ねこもり」と呼ばれ島の猫たちの世話をしてきた、とある一家の女性たちを百年にわたって描いた本作には、江の島の魅力がぎゅっと詰まっています。

この本を読んだら江の島に行ってみたくなること必至! 江の島を知ったらきっとこの本を読んでみたくなる! ということで、著者の名取佐和子さんと一緒に江の島に行ってきました。江の島を隅から隅までよくご存知の名取さんに島の見所をたくさん教えてもらって、ますます江の島が好きになってしまった編集・藤田。せっかくなので江の島レポートを二回にわたってお届けいたします。名取佐和子さんのインタビューも掲載いたしますのでどうぞお楽しみに。

さて、江の島。かつてその美しさから「絵の島」と呼ばれたとも言われるこの島は、景観の美しさもさることながら、さまざまな伝説の眠るとても魅力的かつ歴史ある島。

ph 1_R.JPG

江の島にかかる弁天橋をわたるだけで、なんともいえない高揚感があります。観光地として人気の高い江の島は、お休みの日などはものすごい人出。

橋をわたりきって島に足を踏み入れると、まず目に入るのは青銅の鳥居。この鳥居の先には、数々の土産物屋や旅館、食べ物屋さんが並びます。『江の島ねこもり食堂』には、このあたりの土産物屋に嫁いだ女性も登場します。なんだか親近感。

ph 2_R.jpg

歴史ある旅館・恵比寿屋や、人気のたこせんべいのお店など、この先に見えてくる江島神社までだけでも見所が盛りだくさん。

P1050366_R.jpg毎日行列ができるというたこせんべい(写真は「あさひ本店」のもの)。当然買いました。うまし。

江島神社へと続く階段をのぼっていくと、江の島に入って一匹目の猫に遭遇!

P1050372_R.jpgどんなに呼んでもチラリともこちらを向いてはくれません。そこがまたキュンとくる。

江島神社では、ご祈願をさせていただき、絵馬も書いてきました。
Ph 7.JPGたくさんの方に読んでいただけますように!

(江の島レポートは第二回につづく)

Profile

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ