バイリンガルニュースMamiのお悩みシェア

Mami

バイリンガルニュースMamiのお悩みシェア

5

初めての彼氏だけの経験でいいのか、
と自問してしまいます。


●4年以上付き合っている彼氏がいます。
 初めての彼氏で、彼以外知りません。
 すべての初体験が彼です。

 彼はかっこいいし、自分の志がちゃんとしていて
 夢に向かって頑張っている姿が好きです。

 でも、短気で感情的になることが多く
 暴力はないにしろ、言葉は結構キツめです。
 本人も、思わず言ってしまう感じのようで
 時間が経てば、お互い消化できます。
 喧嘩はわたしが悪くても悪くなくても
 基本的にわたしが謝ります。
 彼は最近謝ってくれません。

 昔は好きだと言ってくれていましたが
 2年以上経った頃から、言わなくなりました。
 行動の端々で愛を感じることもありますが
 基本的には不安で、言って欲しくてたまらず
 最近言って欲しい! と要求しすぎて
 たぶん嫌がってます。
 わかってるけど、1年に1度くらいは言って欲しいと
 思っています。

 この話をすると大抵
 もっといい男はいるよ、と言われます。
 きっとそうだとは思います。
 でも、彼以外の人と付き合うことは
 今のところは考えられません。

 本当は寂しがり屋で、思わず悪口言っちゃって
 恥ずかしがってプライド高くて好きと言えないだけだって思うから。
 でも言ってくれないから、
 彼がわたしのことを好きなのか自信は全くありません。

 でも、彼だけの経験だけでいいのか
 とも、思います。
 他の人がどういう感じなのか
 知りたいという気持ちはあります。
 でも、彼にすべての初体験を捧げて
 そのまま結婚したい気持ちもあります。

 別れるならなるべく早くだと思います。
 でも、好きだし、別れたくないし。
 でも、彼は好きと言ってくれないし。

 何を相談したいのかすら
 わからないのですが、
 率直にMamiさんがこの話を聞いて
 どう思ったのか知りたいです。
 (りおん、23歳、女性)


今の彼と一緒にいていいのか。ほかにもっといい人がいるんじゃないか。

アドバイスではなく、単に私自身の経験として聞いてもらいたいのですが、個人的には、こういう疑問が湧いてきた時点でいつも別れを選んでいます。今までの自分の経験からして、誰かといて本当に幸せな時は、こういう疑問は全く浮かばないから。何年も付き合って、お互いのことをよくわかった上でならなおさらです。

「初めて」を重視する気持ちもわかるし、何が理想かは本当に人それぞれなんだけど、「彼しか知らないから」というより「たくさんの人を見てきたけど、彼以上の人はいない」というほうが私にとってはロマンチックで、相手にもそう思っていてほしいというのがあります。

結婚してから「もっといい人がいたかも」とか「もっと遊んでおけばよかった」と思っても手遅れだし、そうなったらお互いつらいだけだから。

また自分がこういう疑問を持ったまま付き合っていると、相手の時間を無駄にしていることになってしまう。彼が「もっといい人がいるのかも」とこっそり思われながら自分と一緒にいる間に、「絶対この人しかいない!」と自信を持って言ってくれる女性と出会う機会を逃しているかもしれない。

同じく自分も、彼への不満に対して自ら言い訳してあげている間に、そこを楽々クリアしている男性と出会う機会を逃しているのかもしれない。

この、「好きって言ってくれないのはプライドが高いから仕方ない」「ひどいこと言われたけど思わず出ちゃっただけ」「メールくれないのはきっと忙しいから」みたいな、相手の言い訳をこっちが自ら延々と考えてあげる作業!

私は10代のときしょっちゅうやってたんだけど、そのボランティア作業をやめて、ただ事実だけを見つめるようにしてから、恋愛が一気に楽になりました。言い訳を作り上げる代わりに、淡々と事実を振り返る。「彼はいつもひどいことを言う→彼はそれを言ったら私が傷つくのはわかっている→それでもやっぱり言う→つまり傷つけてもいいと思ってるか、少なくとも私が傷つくことへの抵抗が少ない→はいさよなら」みたいな(笑)。

好きだし仕方ないんだ、と思いこんでいたことも、別れてから後で振り返って「なんであんなこと我慢してたんだろ」「全然仕方なくなかったな」と思ったことなんて何回もあります。それを教訓に、個人的には、相手に引きずられて自分を見失わないことを大事にしています。

<編集部より>
Mamiさんへの相談の送り先はこちらです。onayami.share@gmail.com
ハンドルネーム、年齢、性別を書き添えてメールでお送りください。
たくさんのメールをお待ちしております!

この連載が書籍もしくは電子書籍になる場合、お送りいただいた相談を掲載させていただく可能性があります。その場合、出版権はポプラ社に属し、著作物使用の対価は無料とさせていただきます(出版の際の、謝礼や本の贈呈は、大変恐縮ですがございません)。また、お送りいただいた文章は、内容の主旨が変わらない範囲でまとめる場合がございます。あらかじめ、上記の事項をご了解くださいますようお願い申し上げます。
お送りいただいた個人情報は、他の用途には使用いたしません。

Profile

Mami

1986年東京都生まれ。帰国子女ではなく、東京育ちのバイリンガル。2013年5月から、友人のMichaelと2人で英会話Podcast「バイリンガルニュース」を始める。世界中から2人がピックアップしたニュースを、ユニークなバイリンガル会話方式で無料配信しPodcast1位の大人気番組に! いつも阿佐ヶ谷のMichael宅で収録しており、独特のゆるーい雰囲気が魅力(放送中に荷物が届いたり、くしゃみしたり)。
幻冬舎plusでコラム「バイリンガルニュースMamiの文字おしゃべり」を連載中。

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ

お知らせ

Cov_shigotoba_R.jpg佐藤ジュンコさんのコミックエッセイ『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』が刊行になりました。作家・伊坂幸太郎さん、漫画家・いがらしみきおさんから伝統工芸の職人さんまで「作ること」のプロ15名の仕事術をイラストでルポ!

達人たちの仕事場にお邪魔したら、楽しい驚きがいっぱい。まさに大人の社会科見学!ふむふむ、へーと読んでいるうちに、むくむくとやる気が湧いてくるお仕事エッセイです。

aruaru_R.jpg

本サイト連載「お父さんクエスト」が大人気の小山健さんがイラストを担当した『左利きあるある 右利きないない』が2月8日に発売!

「あるある本」のヒットは多いが、ありそうでなかった「左利きあるある」! 左利きの人は「日常のすべてが不便」と言っても過言ではありません。

(本書より)
・缶切は無理、急須も無理
・リコーダーで一番下の小さい穴を押さえづらい
・自動販売機で小銭を入れづらい
・握手するとき左手を出しかけ一瞬挙動不審になる
・定規で線を引くと目盛りが逆
・アルミホイルやラップが切れない
・習字の止め、ハネができない
・スポーツの部活などから勧誘される...ほか多数

小説『i』の刊行と個展『i』の開催を記念して、西加奈子さんによるオリジナル作品(原画)を装丁に用いた特装版を刊行します。限定100部、定価3万円(税別)です。1月21日(土)から29日(日)まで、個展会場であるAI KOWADA GALLERY で先行予約を受け付けます。1月30日(月)からは、AI KOWADA GALLERYのHPからお申し込みいただけます。この貴重な機会をどうぞお見逃しなく!

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ