バイリンガルニュースMamiのお悩みシェア

Mami

バイリンガルニュースMamiのお悩みシェア

7

好きになられると、
気持ち悪いと思ってしまいます

●私は人生で一度も彼氏がいたことありません。中学生の頃に二回告白されたり、私のことを好いてくれる方が何人かいたりしました。けれど私は好きになられるとその方が気持ち悪いと感じてしまいます。
 小学二年生から今までずっとバスケをやっていて、男っぽかったし、性格もズバッとしていてあまり女性らしくないと自分で思います。
 ついこの間、バイト先に好きな人がいて、自分から二回ご飯に誘って行ったのですが、その相手が自分のことを少し好いてるのかも、と感じた瞬間気持ち悪いと思ってしまいました。
 何回も直そう、直そうと思っているのですがどうしても嬉しいという気持ちにはなれません。
 今は身なりにも気をつけていて気になる人がいるのですが、また同じことを繰り返すのではないか、という恐怖心からなかなか一歩踏み出せません。このままずっと彼氏が出来ないのかと不安な気持ちでいっぱいです。
 まみさんの考えを教えてください。よろしくお願いします。(18歳 女性 ゆずか)

私が10代のとき、全く同じことを言ってる友人が2人いました。誰かを好きになっても、あっちからの好意を感じた途端に「なんか気持ち悪い......」と引いてしまうという、謎の反応。

原因は今もよくわからないんだけど、結論から言うと、成長するにつれて徐々にこの問題は自然となくなって、2人とも恋愛ができるようになりました。なのであんまり心配しなくていいかも? というか心配しすぎもよくない気がする。

思春期とか若いうちは、自分を好きって言ってくれる人を「うげー」と思うこともよくあるし、好きだと思った相手が恋愛や性的な興味を示してきた時に、その感じが「あれ、好きだと思ったけど生理的に受けつけないかも」とかもあるし。ひどいけど思っちゃったものはしょうがない(笑)。

「嬉しいという気持ちになれない」「気持ち悪いと思ってしまう」、これも無意識の反応だから仕方ないし、「今すぐ直さないと!」と自分を追い詰めなくてもいいのかなーと思います。感情ってそこまで自分でコントロールできるものじゃないから、「嬉しいと思わなきゃ!」と思って嬉しくなれる人ってそうそういないし。

恐怖心から一歩が踏み出せないとのことですが、踏み出してみてもし「気持ち悪い」と思っちゃったら、それはそれで仕方ないし別にいいんじゃない? 試してみても死ぬわけじゃないし! 「試しとけばよかったー」と後悔するよりは、私だったらとりあえず試してみたい。うまくいけば万々歳だし、うまくいかなくても一応トライはしたんだから自分を褒められるし。

あと「このままずっと彼氏ができないのかと不安」ってまだ18歳だから大丈夫! 余裕! 私はたった10年しか多く生きてないけど、それでも振り返って、18歳のときの彼氏なんて誰だったっけ? って感じ(笑)。正直ほとんど覚えてない。

それぐらい人生長いし、自分も成長してどんどん変化していくので、「私はこのまま一生◯◯だ」なんて言えることは一個もない。あまり怖がりすぎず、せっかく気になる人がいるならそのドキドキ感を楽しめますように!


<編集部より>
Mamiさんへの相談の送り先はこちらです。onayami.share@gmail.com
ハンドルネーム、年齢、性別を書き添えてメールでお送りください。
たくさんのメールをお待ちしております!

この連載が書籍もしくは電子書籍になる場合、お送りいただいた相談を掲載させていただく可能性があります。その場合、出版権はポプラ社に属し、著作物使用の対価は無料とさせていただきます(出版の際の、謝礼や本の贈呈は、大変恐縮ですがございません)。また、お送りいただいた文章は、内容の主旨が変わらない範囲でまとめる場合がございます。あらかじめ、上記の事項をご了解くださいますようお願い申し上げます。
お送りいただいた個人情報は、他の用途には使用いたしません。

Profile

Mami

1986年東京都生まれ。帰国子女ではなく、東京育ちのバイリンガル。2013年5月から、友人のMichaelと2人で英会話Podcast「バイリンガルニュース」を始める。世界中から2人がピックアップしたニュースを、ユニークなバイリンガル会話方式で無料配信しPodcast1位の大人気番組に! いつも阿佐ヶ谷のMichael宅で収録しており、独特のゆるーい雰囲気が魅力(放送中に荷物が届いたり、くしゃみしたり)。
幻冬舎plusでコラム「バイリンガルニュースMamiの文字おしゃべり」を連載中。

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ

お知らせ

Cov_shigotoba_R.jpg佐藤ジュンコさんのコミックエッセイ『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』が刊行になりました。作家・伊坂幸太郎さん、漫画家・いがらしみきおさんから伝統工芸の職人さんまで「作ること」のプロ15名の仕事術をイラストでルポ!

達人たちの仕事場にお邪魔したら、楽しい驚きがいっぱい。まさに大人の社会科見学!ふむふむ、へーと読んでいるうちに、むくむくとやる気が湧いてくるお仕事エッセイです。

aruaru_R.jpg

本サイト連載「お父さんクエスト」が大人気の小山健さんがイラストを担当した『左利きあるある 右利きないない』が2月8日に発売!

「あるある本」のヒットは多いが、ありそうでなかった「左利きあるある」! 左利きの人は「日常のすべてが不便」と言っても過言ではありません。

(本書より)
・缶切は無理、急須も無理
・リコーダーで一番下の小さい穴を押さえづらい
・自動販売機で小銭を入れづらい
・握手するとき左手を出しかけ一瞬挙動不審になる
・定規で線を引くと目盛りが逆
・アルミホイルやラップが切れない
・習字の止め、ハネができない
・スポーツの部活などから勧誘される...ほか多数

小説『i』の刊行と個展『i』の開催を記念して、西加奈子さんによるオリジナル作品(原画)を装丁に用いた特装版を刊行します。限定100部、定価3万円(税別)です。1月21日(土)から29日(日)まで、個展会場であるAI KOWADA GALLERY で先行予約を受け付けます。1月30日(月)からは、AI KOWADA GALLERYのHPからお申し込みいただけます。この貴重な機会をどうぞお見逃しなく!

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ