バイリンガルニュースMamiのお悩みシェア

Mami

バイリンガルニュースMamiのお悩みシェア

9

相手の心をつかむ話し方
を教えてください

●私の悩みは人間関係の拡げ方についてです。
 2月に出産し、いわゆる「ママ友」と知り合う機会を作ろうと、出かけたりしてるんですが。

 でも、まったく知らない、接点のなかった人と、話すときって、どうしたらいいのか分からない。

 もともと、人見知りなせいか、妙にハイテンションにして、かえって疲れちゃったり。

 Mamiは、友達が多そうだし、仕事で初対面の人と話すことも多いと思うんですが、
 そんなとき、どうしてますか?
 相手の心のつかみ方というか、話し方とか、気を付けてること、ありますか? (しゅう 34歳 女性)

ご出産おめでとうございます!

子どもや学生の時と違って、大人になってから心を開ける「友人」を作るのってなかなか難しいですよね。もう自分のこともよくわかってるし、いまさら友人関係で悩んだりしたくない。

今回の質問では、「相手の心のつかみ方」「話し方で気をつけてること」があるか聞いてもらっていますが、私の答えは「なし」です!!

つまり、相手の心をつかもうとか、無理にテンションを上げたり、興味ない話をいかにも興味ありそうに延々聞いたり、そういう頑張りをしない。頑張ると逆に変な自分になりそうで、その変な自分を気に入ってくれても意味ないし、頑張った結果として変になっちゃってる自分を、変だなって思われても本末転倒だし(笑)。

そのままの自分で過ごして、相手が自分を気に入ってくれたらそれでいいし、そうじゃなければお互い合わないだけだからそれでも別にいい。

もちろん、だからといって失礼な態度をとるわけじゃなく、そもそも相手に興味があるわけだから色々質問したり、フレンドリーにはするけど、たまに相手の感じや場所や雰囲気や自分の気分などによって、あんまり会話が弾まないこともありますよね。私は、テンション上がらないときは「今日なんかテンション低くてー」とか、私は雑談が苦手だからそういう時も「雑談ってものが本当にヘタでー」とか、頑張って取り繕う代わりに相手に正直に言っちゃう!

「えへ♡」っていう軽いトーンで言っちゃえば自分もラクだし、こっちが正直にさらけ出してるので相手もリラックスするし、私の経験上ではうまくいっています。気が合う人に出会えたときは自然に盛り上がるので、「あーこの人とは合うなー」というのが自分でもわかりやすいし。

誰かと知り合いたい場合、ママ友でも恋人でもなんでも、出会いの場に積極的に出かけていくのはすごく大事ですよね。そういう意味での頑張り、第一歩を踏み出すことは重要だと思う。でも実際その場に行ったら、あんまり頑張ってもしょうがないというか、頑張って相手に合わせたり、相手にどう思われているか気にする必要もないのかなーと思っています。

<編集部より>
Mamiさんへの相談の送り先はこちらです。onayami.share@gmail.com
ハンドルネーム、年齢、性別を書き添えてメールでお送りください。
たくさんのメールをお待ちしております!

この連載が書籍もしくは電子書籍になる場合、お送りいただいた相談を掲載させていただく可能性があります。その場合、出版権はポプラ社に属し、著作物使用の対価は無料とさせていただきます(出版の際の、謝礼や本の贈呈は、大変恐縮ですがございません)。また、お送りいただいた文章は、内容の主旨が変わらない範囲でまとめる場合がございます。あらかじめ、上記の事項をご了解くださいますようお願い申し上げます。
お送りいただいた個人情報は、他の用途には使用いたしません。

Profile

Mami

1986年東京都生まれ。帰国子女ではなく、東京育ちのバイリンガル。2013年5月から、友人のMichaelと2人で英会話Podcast「バイリンガルニュース」を始める。世界中から2人がピックアップしたニュースを、ユニークなバイリンガル会話方式で無料配信しPodcast1位の大人気番組に! いつも阿佐ヶ谷のMichael宅で収録しており、独特のゆるーい雰囲気が魅力(放送中に荷物が届いたり、くしゃみしたり)。
幻冬舎plusでコラム「バイリンガルニュースMamiの文字おしゃべり」を連載中。

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ

お知らせ

Cov_shigotoba_R.jpg佐藤ジュンコさんのコミックエッセイ『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』が刊行になりました。作家・伊坂幸太郎さん、漫画家・いがらしみきおさんから伝統工芸の職人さんまで「作ること」のプロ15名の仕事術をイラストでルポ!

達人たちの仕事場にお邪魔したら、楽しい驚きがいっぱい。まさに大人の社会科見学!ふむふむ、へーと読んでいるうちに、むくむくとやる気が湧いてくるお仕事エッセイです。

aruaru_R.jpg

本サイト連載「お父さんクエスト」が大人気の小山健さんがイラストを担当した『左利きあるある 右利きないない』が2月8日に発売!

「あるある本」のヒットは多いが、ありそうでなかった「左利きあるある」! 左利きの人は「日常のすべてが不便」と言っても過言ではありません。

(本書より)
・缶切は無理、急須も無理
・リコーダーで一番下の小さい穴を押さえづらい
・自動販売機で小銭を入れづらい
・握手するとき左手を出しかけ一瞬挙動不審になる
・定規で線を引くと目盛りが逆
・アルミホイルやラップが切れない
・習字の止め、ハネができない
・スポーツの部活などから勧誘される...ほか多数

小説『i』の刊行と個展『i』の開催を記念して、西加奈子さんによるオリジナル作品(原画)を装丁に用いた特装版を刊行します。限定100部、定価3万円(税別)です。1月21日(土)から29日(日)まで、個展会場であるAI KOWADA GALLERY で先行予約を受け付けます。1月30日(月)からは、AI KOWADA GALLERYのHPからお申し込みいただけます。この貴重な機会をどうぞお見逃しなく!

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ