バイリンガルニュースMamiのお悩みシェア

Mami

バイリンガルニュースMamiのお悩みシェア

10

外向的なふりに疲れてしまいます

●僕は留学中の大学生です。僕はもともと内向的な人間で、一人でゲームしたり、本を読んでいたりするのが好きです。

 ですが、小学校のころから、勉強ができたりドッチボールが強かったり、足が速かったからか、図らずもクラスの中心にいることが多かったために、外向的なふりが得意になりました。そしてこれまで外向的人間として生きてきたつもりです。

 今でも僕が根暗なことをしている方が好きというイメージを持っている友達はほとんどいないはずです。

 今は交換留学をしていて、外向的なヨーロッパの友達とつるんでいます。もちろん僕は外向的なふりをしています。

 でも最近なんだか疲れてしまって無駄にはしゃぐ自分が嫌になってきました。

 でもその一方で就活が迫っている僕としては外向的であるべきだとも思っています。僕はエンジニアではないのでどうしても外向的な人間が評価されるというイメージがあるんです。

 なんだが自分がどうすればいいか分かりません。

 この葛藤、どうすればいいのでしょうか?(21歳 男性 うそつきピエロ)


私自身は、外向的でも内向的でもあります。

大勢でパーティーしたり知らない人に出会ったりするのも好きだし、家でネコとのんびりして本を読むのも好き。もっと若い時は前者の傾向が強くて、年とともに疲れてきたのか(笑)、内向的な傾向が強まってきた気がする。

最近の科学でも、人間は「外向的 (extrovert)」「内向的 (introvert)」の二つで白黒キッパリ分かれているわけではなく、「両向的 (ambivert)」を真ん中としてグラデーションのようになっている、というのがメジャーな考えだと私は認識しています。

相談者のうそつきピエロさんは「根暗」って言葉を使ってるけど、めっちゃくちゃ明るくても読書好きな人はいるし、人気者でも誘いを断って一人でゲームするのが好きな人もいるし、おとなしく見えるのに実はすっごいチャラい人もいるし、一見暗そうなのに話してみたら飛び抜けたパッションがある人もいる。

人間って「外向的な人は常に外向的」なんてそんな単純なものじゃなくて、色んな要素が絡まり合ってできています。

だからうそつきピエロさんのようにどっちもできるっていうのは、困るどころか逆に便利じゃない? 疲れたらのんびり一人でエネルギー回復する日や時期を作ればいいし、エネルギーがあれば「そろそろ友達と遊んどくか」とか「就職の面接のときぐらいは社交的に振る舞っとくか」とか。

ちなみにごまんとある職種の中で、外向性が日常的に求められない仕事なんて大量にあります。

日本では、大学生の中で「就活」という言葉が意味を超えて異常なパワーを持っているけど(そしてそれは教育制度と企業の採用制度が原因なので大学生のせいではないんだけど)、「就職活動」なんていうのは本来ひとつのステップでしかない。しかも親の世代と違って終身雇用が約束されているわけでもない。そう考えると、自分の性質に影響を及ぼす度合いまで就活に重点を置いてしまうのは、個人的にはつらそうだしもったいないなーと思います。


<編集部より>
Mamiさんへの相談の送り先はこちらです。onayami.share@gmail.com
ハンドルネーム、年齢、性別を書き添えてメールでお送りください。
たくさんのメールをお待ちしております!

この連載が書籍もしくは電子書籍になる場合、お送りいただいた相談を掲載させていただく可能性があります。その場合、出版権はポプラ社に属し、著作物使用の対価は無料とさせていただきます(出版の際の、謝礼や本の贈呈は、大変恐縮ですがございません)。また、お送りいただいた文章は、内容の主旨が変わらない範囲でまとめる場合がございます。あらかじめ、上記の事項をご了解くださいますようお願い申し上げます。
お送りいただいた個人情報は、他の用途には使用いたしません。

Profile

Mami

1986年東京都生まれ。帰国子女ではなく、東京育ちのバイリンガル。2013年5月から、友人のMichaelと2人で英会話Podcast「バイリンガルニュース」を始める。世界中から2人がピックアップしたニュースを、ユニークなバイリンガル会話方式で無料配信しPodcast1位の大人気番組に! いつも阿佐ヶ谷のMichael宅で収録しており、独特のゆるーい雰囲気が魅力(放送中に荷物が届いたり、くしゃみしたり)。
幻冬舎plusでコラム「バイリンガルニュースMamiの文字おしゃべり」を連載中。

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ

お知らせ

Cov_shigotoba_R.jpg佐藤ジュンコさんのコミックエッセイ『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』が刊行になりました。作家・伊坂幸太郎さん、漫画家・いがらしみきおさんから伝統工芸の職人さんまで「作ること」のプロ15名の仕事術をイラストでルポ!

達人たちの仕事場にお邪魔したら、楽しい驚きがいっぱい。まさに大人の社会科見学!ふむふむ、へーと読んでいるうちに、むくむくとやる気が湧いてくるお仕事エッセイです。

aruaru_R.jpg

本サイト連載「お父さんクエスト」が大人気の小山健さんがイラストを担当した『左利きあるある 右利きないない』が2月8日に発売!

「あるある本」のヒットは多いが、ありそうでなかった「左利きあるある」! 左利きの人は「日常のすべてが不便」と言っても過言ではありません。

(本書より)
・缶切は無理、急須も無理
・リコーダーで一番下の小さい穴を押さえづらい
・自動販売機で小銭を入れづらい
・握手するとき左手を出しかけ一瞬挙動不審になる
・定規で線を引くと目盛りが逆
・アルミホイルやラップが切れない
・習字の止め、ハネができない
・スポーツの部活などから勧誘される...ほか多数

小説『i』の刊行と個展『i』の開催を記念して、西加奈子さんによるオリジナル作品(原画)を装丁に用いた特装版を刊行します。限定100部、定価3万円(税別)です。1月21日(土)から29日(日)まで、個展会場であるAI KOWADA GALLERY で先行予約を受け付けます。1月30日(月)からは、AI KOWADA GALLERYのHPからお申し込みいただけます。この貴重な機会をどうぞお見逃しなく!

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ