バイリンガルニュースMamiのお悩みシェア

Mami

バイリンガルニュースMamiのお悩みシェア

15

セフレってそんなに悪いことでしょうか?

●好きな人にセフレになって欲しいと言われました。
 先日初めて好きな人とデートをしたときです。あっちからキスされたので、私が思い切って告白したところ、「自分がすごく自分勝手でサイテーだから、付き合っても傷つけちゃうと思う。だから彼氏にはなれない」と言われ、私がそれでも友達のままでいてほしいというと、「セフレになってほしい」と言われました。言われた最初はすごくびっくりしたけど、私は彼のことが好きだし、どうせ彼氏になったところでセックスはするだろうし、彼氏とセフレに大した違いはないと思ったので(彼とはお互いに好きな人ができたらセフレを解消しようと言っています)受け入れました。
 このことを女友達に話したところ、「付き合ってもない人とセックスするとかありえない。A(私)はその人のことが好きだから盲目になってるだけだよ。後悔するからその人と関わるの一切やめたほうがいい」と怒られました。私は彼とセックスしたことについてあまり後悔していないし、処女を奪われたことについてショックも思ったほど受けていません。客観的に見たら私がやっていることってよくないことだというのは分かります。でもセフレという関係ってそんなに悪いことなんでしょうか? 私の感覚が麻痺しているんでしょうか? その人との関係を一切断ち切るべきなんでしょうか? マミの意見を聞きたいです。(A 19歳 女性)


私はセフレが良いことか悪いことかと聞かれたら、それ自体はどっちでもないと答えます。

Aさんの相手は、最初から「彼氏にはなりたくない、セックスだけしたい」と正直に言ってくれているので、こちらも変な期待をせずに済みますね。

ただ心配なのは、「彼氏とセフレに大した違いはないと思ったので」という部分。彼氏・彼女とセフレは全く違います。彼氏・彼女はお互い恋愛感情を持ち、尊重しあって、一緒に人間関係を築いていく相手。セックスは愛情表現のひとつです。一方、セフレは「お互い便利にセックスするための人」。この場合のセックスはマスターベーションの延長のようなもので、単に欲求解消の手段です。彼氏・彼女なのかセフレなのかで、セックスの内容や質も変わると思う。

変な話だけど、周りを見ていると、セフレには向き不向きがあります。

性欲を解消するための相手、と割り切って楽しくやりとりできる人は、向いているというか、自己責任だし他人にとやかく言われる筋合いもない。一方、自らセフレになっておきながら、相手を好きになっちゃって独占欲が出てきたり、セフレという状態について悶々と悩んだり、最終的にあっちに好きな人ができたときに傷ついちゃうような人は、向いてない。

特に女の子は、セックスのあとに出るオキシトシンというホルモンのせいで、体だけのつもりが「好き♡」と思っちゃうこともあるし、リスク面でいうと男性と違って妊娠する可能性もある。また彼氏・彼女の場合と違って、相手にはほかにもセックスしている人がいる可能性もあって、相手にはそれを自分に伝える義務はない。

セフレになって、最終的に自分が傷ついても、それは相手のせいではありません。自分と相手はあくまで対等で、自分は被害者ではない。処女も「奪われた」わけではなく、自分がセックスすると決めただけ。

それらを理解した上で、自分は向いてるほうだ、という場合は、周りがなにを言おうと自分の好きなようにしていいんじゃないかなーと思います。


<編集部より>
Mamiさんへの相談の送り先はこちらです。onayami.share@gmail.com
ハンドルネーム、年齢、性別を書き添えてメールでお送りください。
たくさんのメールをお待ちしております!


この連載が書籍もしくは電子書籍になる場合、お送りいただいた相談を掲載させていただく可能性があります。その場合、出版権はポプラ社に属し、著作物使用の対価は無料とさせていただきます(出版の際の、謝礼や本の贈呈は、大変恐縮ですがございません)。また、お送りいただいた文章は、内容の主旨が変わらない範囲でまとめる場合がございます。あらかじめ、上記の事項をご了解くださいますようお願い申し上げます。
お送りいただいた個人情報は、他の用途には使用いたしません。

Profile

Mami

1986年東京都生まれ。帰国子女ではなく、東京育ちのバイリンガル。2013年5月から、友人のMichaelと2人で英会話Podcast「バイリンガルニュース」を始める。世界中から2人がピックアップしたニュースを、ユニークなバイリンガル会話方式で無料配信しPodcast1位の大人気番組に! いつも阿佐ヶ谷のMichael宅で収録しており、独特のゆるーい雰囲気が魅力(放送中に荷物が届いたり、くしゃみしたり)。
幻冬舎plusでコラム「バイリンガルニュースMamiの文字おしゃべり」を連載中。

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ

お知らせ

Cov_shigotoba_R.jpg佐藤ジュンコさんのコミックエッセイ『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』が刊行になりました。作家・伊坂幸太郎さん、漫画家・いがらしみきおさんから伝統工芸の職人さんまで「作ること」のプロ15名の仕事術をイラストでルポ!

達人たちの仕事場にお邪魔したら、楽しい驚きがいっぱい。まさに大人の社会科見学!ふむふむ、へーと読んでいるうちに、むくむくとやる気が湧いてくるお仕事エッセイです。

aruaru_R.jpg

本サイト連載「お父さんクエスト」が大人気の小山健さんがイラストを担当した『左利きあるある 右利きないない』が2月8日に発売!

「あるある本」のヒットは多いが、ありそうでなかった「左利きあるある」! 左利きの人は「日常のすべてが不便」と言っても過言ではありません。

(本書より)
・缶切は無理、急須も無理
・リコーダーで一番下の小さい穴を押さえづらい
・自動販売機で小銭を入れづらい
・握手するとき左手を出しかけ一瞬挙動不審になる
・定規で線を引くと目盛りが逆
・アルミホイルやラップが切れない
・習字の止め、ハネができない
・スポーツの部活などから勧誘される...ほか多数

小説『i』の刊行と個展『i』の開催を記念して、西加奈子さんによるオリジナル作品(原画)を装丁に用いた特装版を刊行します。限定100部、定価3万円(税別)です。1月21日(土)から29日(日)まで、個展会場であるAI KOWADA GALLERY で先行予約を受け付けます。1月30日(月)からは、AI KOWADA GALLERYのHPからお申し込みいただけます。この貴重な機会をどうぞお見逃しなく!

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ