バイリンガルニュースMamiのお悩みシェア

Mami

バイリンガルニュースMamiのお悩みシェア

17

暴食が止まりません

●ここ2,3ヶ月暴食が止まりません。特に休日になると、朝からずっと食べています。パンにお菓子に、気持ちが悪くなっても食べ続けます。そして、吐くということを繰り返しています。悪いことだとわかっていますが、ストレス発散が食べることに向かっているのか、やめられません。
 今年の4月から働き始め、初期配属が郊外になってしまったことがストレスに繋がっているんだと思います。都会で育ったことから、友達も家族もいない、何もない田舎に住んでいることが、嫌で嫌でたまりません。そのため週末は食べる以外に楽しみがないです。
 以前のバイリンガルニュースで、マミさんがキットカットを食べて、吐くなどのeating disorder を経験したというお話をされていたことを思い出し、どのように回復したのか知りたいと思い、メールしてみました。

しょうもないことかもしれませんが、相談できる人がいませんでした。ぜひアドバイスいただけると嬉しいです。

(参考までに身長165cmの体重48kgです)(Cocoa 23歳 女性)

全然しょうもなくないです。

私の場合は、仕事でドイツ本社に出向しているときに、プロジェクトの規模の大きさと、チームの極端な個人主義的な仕事の仕方と、日本支社との時差からくる長時間労働が重なっての過食嘔吐でした。

期間にすると大体2ヶ月ぐらいでしたが、3食とは別に、キットカットの大きい箱(海外サイズ)を全部食べたり、長い食パンを一袋一気に食べたり、バナナを一房全部いっちゃったり。別におなかすいてないし全然食べたくないのに、気づいたら家にあるものを片っ端から胃袋に入れている。そのあと罪悪感と太りたくないという思いから吐く。気軽に人に言えることでもないし、自分との葛藤ですごくつらいですよね。

週末は私も基本一人だったのですが、フランス支社から同じように出向してきた同年代の女の子がいて、その子と仲良くなって一緒に過ごすようになったら徐々に改善され、そのあとイギリスに出向してからは仕事も落ち着き、自然とやらなくなっていました。やっぱりストレスと孤独のコンビネーションはよくない。

「初期配属」ということは一定期間が経てばまた異動になるのかな?「慣れない土地が嫌でたまらない」というのを放置してもストレスは増えるだけだし、ストレスに孤独や暇が合わさると余計に食べてしまう傾向があるので、
―その土地のよさを発掘すべく探検してみる
―現地で友達を作る
―週末は遠出するか実家に帰る
―家族や友人に相談して遊びに来てもらう
とか、なんでもいいけど行動や意識改革で自分でポジティブに持っていけることがあるなら、それを試すのがいいと思う。

自分ではどうにもできなそうであれば、信頼できる上司や人事の人に相談するなど、なにか根本的な策をとって、環境を変えるのが一番。ちゃんとした会社なら、配属した責任があるので、心配してどうにかすると思うけど、すぐに環境が変えられないなら、とりあえず早めに病院へ行ったり、カウンセリングなどで専門家に相談したりすることをおすすめします。

病院やカウンセリングと聞くと、「そんな大げさな、自分はまだまだたいしたことない、全然平気、もっと大変な人はいっぱいいる」と思うかもしれないけど、風邪を引いたら医者に行くのと同じです。全然珍しいことではない。過食嘔吐は、血糖値が急上昇したりホルモンバランスが崩れて生理に影響が出たり、食道炎になったりと様々な健康リスクもあるし、それを理解してても自分の意思だけではなかなかやめられないものだから、度合いがどうであれ早めに専門家に助けを求めるのは得策です。

私は何年もいろいろな兆候を「たいしたことない、まだまだ大丈夫」とあなどって自分を大事にしなかった結果、病気になって何年も苦しむことになり、本当に本当に後悔したので、自分みたいにだけはなってほしくないな、と切に思います。


<編集部より>
Mamiさんへの相談の送り先はこちらです。onayami.share@gmail.com
ハンドルネーム、年齢、性別を書き添えてメールでお送りください。
たくさんのメールをお待ちしております!

この連載が書籍もしくは電子書籍になる場合、お送りいただいた相談を掲載させていただく可能性があります。その場合、出版権はポプラ社に属し、著作物使用の対価は無料とさせていただきます(出版の際の、謝礼や本の贈呈は、大変恐縮ですがございません)。また、お送りいただいた文章は、内容の主旨が変わらない範囲でまとめる場合がございます。あらかじめ、上記の事項をご了解くださいますようお願い申し上げます。
お送りいただいた個人情報は、他の用途には使用いたしません。

Profile

Mami

1986年東京都生まれ。帰国子女ではなく、東京育ちのバイリンガル。2013年5月から、友人のMichaelと2人で英会話Podcast「バイリンガルニュース」を始める。世界中から2人がピックアップしたニュースを、ユニークなバイリンガル会話方式で無料配信しPodcast1位の大人気番組に! いつも阿佐ヶ谷のMichael宅で収録しており、独特のゆるーい雰囲気が魅力(放送中に荷物が届いたり、くしゃみしたり)。
幻冬舎plusでコラム「バイリンガルニュースMamiの文字おしゃべり」を連載中。

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ

お知らせ

Cov_shigotoba_R.jpg佐藤ジュンコさんのコミックエッセイ『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』が刊行になりました。作家・伊坂幸太郎さん、漫画家・いがらしみきおさんから伝統工芸の職人さんまで「作ること」のプロ15名の仕事術をイラストでルポ!

達人たちの仕事場にお邪魔したら、楽しい驚きがいっぱい。まさに大人の社会科見学!ふむふむ、へーと読んでいるうちに、むくむくとやる気が湧いてくるお仕事エッセイです。

aruaru_R.jpg

本サイト連載「お父さんクエスト」が大人気の小山健さんがイラストを担当した『左利きあるある 右利きないない』が2月8日に発売!

「あるある本」のヒットは多いが、ありそうでなかった「左利きあるある」! 左利きの人は「日常のすべてが不便」と言っても過言ではありません。

(本書より)
・缶切は無理、急須も無理
・リコーダーで一番下の小さい穴を押さえづらい
・自動販売機で小銭を入れづらい
・握手するとき左手を出しかけ一瞬挙動不審になる
・定規で線を引くと目盛りが逆
・アルミホイルやラップが切れない
・習字の止め、ハネができない
・スポーツの部活などから勧誘される...ほか多数

小説『i』の刊行と個展『i』の開催を記念して、西加奈子さんによるオリジナル作品(原画)を装丁に用いた特装版を刊行します。限定100部、定価3万円(税別)です。1月21日(土)から29日(日)まで、個展会場であるAI KOWADA GALLERY で先行予約を受け付けます。1月30日(月)からは、AI KOWADA GALLERYのHPからお申し込みいただけます。この貴重な機会をどうぞお見逃しなく!

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ