玲子さんのおしゃれクロゼット

西村玲子

玲子さんのおしゃれクロゼット

12

色選びの楽しみ

期待せずに出かけたアウトレットは
思っていたより、ずっとおしゃれ。
そこで娘に教わった色選びのコツ、
街歩きでさっそく試してみたら。

reiko12-1.jpg

 娘と御殿場のアウトレットに行った。アウトレットというものに期待をしていないけれど、新宿からバスが出ているというので、じゃあ、と出かけることになった。朝が早い。さぞかし寒いだろうと、防寒を一に考えると、おしゃれ心は遠のいていく。

 ところが、早朝のバス停には結構おしゃれな人々が集まっている。現地に着く前にバスの中で地図や割引券を受け取る。お店のチェック用にボールペンまで付いている。見ると殆ほとんどの有名ブランドが揃っている。デロンギやボダムなどの洒落た生活品もあるし、トリンプやワコールの下着もある。

 まずフォションで焼きたてパンを食べてから、という。娘は常連らしい。歩き出すと、娘の厳しいファッションチェックが始まった。

 どうしてそのコートに、その色のマフラーなの、そのパンツの丈にその靴は合わないでしょう、今は同系色でまとめるというのが主流なのよ、そのコートならグレーか白だと思うわ、そのパンツの丈はもう少し短めにすること、「歩く時はこの厚手ソックスで平気なこの靴しかないのよ」と一言二言は言い返してみる。が、娘の言っていることが正しい。

reiko12-2.jpg

 今回はそんな同系色、色をまとめる、注意深く色を選ぶということをテーマにしてみた。心掛けてみると、やはり落ち着く。ココア色のセーターにその色を少し明るくした茶色の細身のパンツ、靴も敢えて茶色。白いキャンバス地のトート、Vネックから覗くシャツも白。白と黒はどんな色の仲間にも迎え入れられて、同系色をぴりりと引き立てることが出来る色だと思う。

 春を待つ前の儀式、春一番の風の強い一日、若い友人たちと西荻・吉祥寺散策をした。こういうときは何を着たら良いのやら、気温15度くらいということだが、信用していいのかどうか。軽いグレーのコートと白いジーンズ、白いカシミアセーターであったか用意。

reiko12-3.jpg
 絵にしたTさんは、デニムのたっぷりとしたワンピースが完全に春。下にニットの暖かそうなレギンスパンツ。ワンピースの上に短めのダウンジャケット、靴は偶然か計算か、ブルーと黒のコンビスニーカー(私も彼女に勧められて買って重宝している)。

reiko12-5.jpg
 同系色の洒落た装いだと感心する。私はコートの前を閉じないで歩く。風を受けると、裏の白い布がパンツとセーターの白に響き合って、我ながらなんとも素敵。一人でにっこり。少し寒くなったらグレーのニットストールを。

 娘のアドバイスが役に立った。こうだったのよ、と言うべきか、言わないでおくべきか。同系色も下手に扱うと重くなったり野暮ったくなったりしそうだが、上手くいくと楽で上級おしゃれが出来上がると思う。

reiko12-6.jpg

 娘はプラダのコート、私は春だというのに半額のアグを買った。ぴったりなサイズはなく、少し大きいが、歩きつかれて外反母趾が痛くなっていたので、その靴に履き替えてほっと一息。ま、大きなサイズでもいいか。他に買ったのは下着類。ボダムは改装中でやっていなくて残念。アウトレット、癖になりそうである。

reiko12-4.jpgreiko12-7.jpg

reiko12-8.jpg

ご愛読ありがとうございました。
単行本は今夏、ポプラ社より
刊行になります。

Profile

西村玲子

イラストレーター・エッセイスト。ファッション、インテリア、映画、旅など、多彩なテーマを文章とイラストで綴り、洗練されたライフスタイルを提案し続けている。著書は最新刊の『おしゃれは楽しく いつも好きな服で』など200冊以上。

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ

お知らせ

Cov_shigotoba_R.jpg佐藤ジュンコさんのコミックエッセイ『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』が刊行になりました。作家・伊坂幸太郎さん、漫画家・いがらしみきおさんから伝統工芸の職人さんまで「作ること」のプロ15名の仕事術をイラストでルポ!

達人たちの仕事場にお邪魔したら、楽しい驚きがいっぱい。まさに大人の社会科見学!ふむふむ、へーと読んでいるうちに、むくむくとやる気が湧いてくるお仕事エッセイです。

aruaru_R.jpg

本サイト連載「お父さんクエスト」が大人気の小山健さんがイラストを担当した『左利きあるある 右利きないない』が2月8日に発売!

「あるある本」のヒットは多いが、ありそうでなかった「左利きあるある」! 左利きの人は「日常のすべてが不便」と言っても過言ではありません。

(本書より)
・缶切は無理、急須も無理
・リコーダーで一番下の小さい穴を押さえづらい
・自動販売機で小銭を入れづらい
・握手するとき左手を出しかけ一瞬挙動不審になる
・定規で線を引くと目盛りが逆
・アルミホイルやラップが切れない
・習字の止め、ハネができない
・スポーツの部活などから勧誘される...ほか多数

小説『i』の刊行と個展『i』の開催を記念して、西加奈子さんによるオリジナル作品(原画)を装丁に用いた特装版を刊行します。限定100部、定価3万円(税別)です。1月21日(土)から29日(日)まで、個展会場であるAI KOWADA GALLERY で先行予約を受け付けます。1月30日(月)からは、AI KOWADA GALLERYのHPからお申し込みいただけます。この貴重な機会をどうぞお見逃しなく!

Pick Up Book

  • かがみの孤城
  • i
  • 私のスポットライト
  • ビオレタ